【天皇杯決勝】鹿島対川崎の試合速報を実況中継中!結果もすぐに更新します

 

2017年。 新年を迎え、日本サッカーはいきなりの大一番が始まります。天皇杯決勝のカードはクラブw杯準優勝の鹿島アントラーズと川崎フロンターレとなりました。

攻撃の川崎、守備の鹿島というイメージですがどんな試合になるのか?

天皇杯2017の決勝の模様をツイッターを中心にテレビ放送を観ながら実況中継していきます! 結果もわかり次第すぐに更新しますのでお楽しみに。

 

スポンサーリンク

 

 

 決勝の先発メンバーは?

 

 

 

試合の模様を順次まとめていきます

 

  

 

 

若干流れは川崎ですが、鹿島も集中して守ってます。

 

 

 

 

 

 

 

  

 まだ、柴崎選手はあまりボールに絡めていないですね。

 

 本当にどちらも決定的なシーンを作り出せていますよね。得点の匂いがしてきました。

 

 

 泥臭く獲得したコーナーキックを見事活かしましたね!

 

鹿島1−0川崎

 

審判のジャッジに違和感の声がちらほらありますね。

 

前半終了: 鹿島1−0川崎

前半を先制して折り返した鹿島アントラーズが有利に運べそうですね。前半、川崎フロンターレが決定的なチャンスで決めれなかったのが後半影響してきそうです。

 

 そう。まさにそんなイメージの前半でしたね。

 

後半開始!

 

 

 

体幹の強さを活かしてディフェンスの当たりにも負けずに足を振り抜きました。これで試合がまた面白くなってきましたね!

 

鹿島1−1川崎

 

 

流れが少し変わりつつありますかね。

 

 

 切り返し完璧でしたけどねー!

 

 

 

  

 川崎は延長で勝負するつもりなのでしょうかね。

 

 ここからは、より勝ちたい方に勝利の女神が微笑むのでしょうね。

 

 

観客数 34,166名と発表。

 

この辺りを考慮するのもありかもしれませんね。逆にいうと、吹田でこの人数集まったのは凄いことなのかも。

 

 

 

  

 

 

後半終了: 鹿島1−0川崎

 

 両チーム疲れてますね。川崎があと2つ交代枠持ってるのでそこのカード次第でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

鹿島2−1川崎

 

 

 鹿島のセットプレーは驚異になっていますね。

 

 

 鹿島の守備はあいかわらず固いですね。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

試合終了: 鹿島2−1川崎

延長戦は経験とメンタルの差が出たような印象でした。川崎の初優勝はおあずけとなってしまいましたね。ですが、素晴らしいゲームでした!